顔の汗を抑える薬にはどんなものがある?安全性と副作用も合わせて確認!

気になる顔の汗をケアするには、スキンケアを行ったり、代謝を良くしたりなどの対策法がありますが、汗を抑えるための薬を服用するのも適切な治療方法です。

 

顔の汗を改善する薬には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

○神経を遮断する薬

 

汗の分泌に関わる神経伝達物質を抑えるための薬です。

 

『プロパンテリン』という名前で認可されています。

 

しかし、神経伝達物質を抑えるため、汗だけでなく全身のあらゆるところに作用するので要注意。

 

例えば、喉が渇く、目がかすむ、尿が出にくいなどの副作用が現れることもあります。

 

 

○精神をリラックスさせる薬

 

緊張すると汗が出てしまう、人前にたったり、人ごみが苦手でストレスによって汗が出てしまうという時には、心療内科などで処方される精神安定剤も効果的です。

 

しかし、精神安定剤は内面をリラックスさせたり、ストレスをなくすためのものなので、直接汗を出にくくするものではないことを忘れないでおきましょう。

 

 

○漢方薬

 

顔の汗は「顔面多汗症」という正式な病名もついているため、漢方薬での治療も有効です。

 

東洋医学を行う病院や、漢方を処方してくれる病院で相談してみましょう。

 

『防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)』や『桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)』など汗に効果的なものは多数ありますが、『柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)』は特に顔の汗に効果的な漢方薬です。

 

漢方薬は全体的に副作用が出にくく、ゆるやかな効き目なのが特徴なので、強い薬が苦手、不安だという方は漢方薬での治療がオススメです。

 

 

 

このように、顔から出てくる汗を効果的に抑えることができる薬は複数あります。

 

神経遮断薬は効果が出やすく、即効性が期待できますが、副作用が起こる可能性も忘れてはいけません。

 

逆に、漢方薬は副作用が出にくいですが、徐々に体質を改善していくので、効果が出てくるのには時間がかかります。

 

薬はどれを選んでも一長一短であることを忘れずに、医師に相談して自分のライフスタイルや悩みの大きさに合わせて、適切な薬を選んでいきましょう。

関連ページ

汗で顔が痛い!?その原因と対処方法
汗が出て顔が痛いという時、肌はどのような状態なのでしょうか。顔の汗によって痛いと感じてしまう原因と、対処法をまとめています。
その顔のかゆみの原因はもしかしたら汗かも?
顔にかゆみが出た時、その原因は汗によるものかもしれません。顔のかゆみと汗の関係、トラブルの原因についてまとめています。