汗で顔が痛い時のケアの仕方と原因について

気温が上昇することで汗をかく頻度が多くなってくると、そのせいで顔が痛くなってしまう…と言う方も多いようです。

 

その原因や対処法を探っていきましょう。

 

 

○顔が痛いその原因

 

汗をかくことで顔が痛いと感じてしまうのは、肌がそれだけ潤いを無くして敏感な状態になっているからなんです。

 

通常の肌であれば、潤いがたっぷり閉じ込められているので、色々な刺激にも強い状態です。

 

ですが、汗をかくとそれを拭きとります。

 

その時のハンカチやタオルの刺激によって肌の潤いが失われていきます。

 

潤いが失われた肌は角質がめくれたり、外からの刺激にとても弱くなってしまいます。

 

すると余計に潤いをキープする力もなくなるので、悪循環に陥ってしまうのです。

 

この状態の肌はちょっとした刺激でも痛みを感じてしまうため、再度汗をかくとその塩分で沁みたり、表情を動かしただけでも突っ張って痛い…など、トラブルが多数起こってしまうのです。

 

 

○痛くならないようにするには

 

顔に汗をかいてしまった時、そのあとで痛みを感じないようにするには、肌に刺激を与えないように汗を拭きとることです。

 

擦らないように、ハンカチやタオルを押し当てるようにして汗を吸い取るのがポイント。

 

そしてその後、できるならば化粧水や乳液で保湿を行えるとベストです。

 

ミスト状で出てくる化粧水や、オールインワンジェルを使うと手軽に保湿ケアを行えます。

 

化粧水やジェルがしみてしまうほどダメージがあるときは、直接保湿クリームを塗るのも効果的。

 

また、汗を拭いてもベタベタが気になるという時には、油取り紙を使いたくなりますが、それよりもティッシュをあてて軽くベタつきを取るのがオススメです。

 

ティッシュの方が必要な潤いを取りすぎずに、さっぱりと肌表面を仕上げることができます。

 

さらに、ハンカチやタオル、ティッシュの肌触りにもこだわって、素材を吟味するのもポイントです。

 

鼻をかむ時に肌を保護するための、保湿ティッシュなども多数販売しているので、好みに合わせて選択してみましょう。

 

 

○汗を拭けないときは

 

女性の場合はメイクをしていて、汗を拭くことも、スキンケアも難しいという場合があります。

 

そんな時には、顔汗専用の制汗クリーム「サラフェ」がオススメです。

 

スキンケアが終わった後、化粧下地としてメイク前に塗っておくだけで、有効成分が汗を吸着して長時間サラサラをキープしてくれます。

 

これなら、メイクをしていても汗が気になりませんし、汗をハンカチなどで拭き取ったりする必要もありません。メイクが落ちてしまう心配もないんです。

 

また、サラフェには保湿成分や肌を清潔に保つ成分もたっぷり含まれているので、汗を抑えながら肌をしっかりバリアしてくれます。

 

汗による肌の痛みの原因である、乾燥肌や敏感肌もこれで解決!

 

いざという時に拭き取れない顔汗、眉がなくなったり、アイメイクが取れてしますなどの、メイク崩れを起こす顔汗には、顔汗専用のジェルクリーム・サラフェでケアをしてあげてください。

 

⇒91.7%が実感!サラフェの公式サイトはこちら

関連ページ

その顔のかゆみの原因はもしかしたら汗かも?
顔にかゆみが出た時、その原因は汗によるものかもしれません。顔のかゆみと汗の関係、トラブルの原因についてまとめています。
顔の汗を抑える薬はあるの?副作用や安全性
顔の汗対策には薬も有効です。顔の汗に有効な薬と、その副作用などについて詳しくまとめています。